宮古島 保育園|心愛保育園
宮古島 保育園|心愛保育園 保育について|心愛保育園 園の生活|心愛保育園 施設案内|心愛保育園 献立紹介|心愛保育園 お知らせ|心愛保育園
◇通常保育は7時30分から18時30分です。
◇保育時間の延長(18時30分から19時まで)も行っています。
◇毎日給食があります。(おやつも含みます。)
 献立表をご覧になり栄養のバランスをとってください。
◇毎日のお食事とおやつは、玄関前にサンプルを提示しますので参考にして下さい。
◇毎月1回はお弁当会です。子供たちのお弁当の分量や材料の大きさに配慮して下さい。
 
幼児期から外国人に慣れ親しみ、本場の発音を聞くことで、将来は世界に翔く人になる事を目標に、専門講師による指導をしています。(2歳児~4歳児)
 
精神統一と文字指導を目標として専門講師による指導をしています。
(3歳児・4歳児)
 
集中力、判断力を身につける事を目標に、専門講師による指導をしています。(4歳児)
 
音楽を通して、友達とのコミュニケーション力を高めると共に、楽しみながら音楽とリズム感を身に着ける事を目標に、専門講師による指導をしております。
 
目・鼻・口・耳・手をフルに使い本物に触れる事で、自らいきいきと学び、考える事の出来る子どもを育てています。
 
自由保育 登園してから設定保育が始まるまでの時間をいいます。
子供本来の生活である遊びを通して、社会性、思いやりの心、判断力等生きる力を養い、保育者と子供が密接に触れ合い、より理解を深めていくための時間です。
設定保育 一日の園での生活の約半分を過ごす時間です。主として体力作り、知的発育を目指し、自然観察・話し合い・お絵かき・音楽リズム・体操等の育成に努めます。
 
 
◇のびのびと園生活が楽しめるように、汚れてもいいような服装(普段着)で登園させてください。
◇排泄のしやすい、着脱の簡単な衣服を着させてください。
◇衣服はいつでも清潔にしてください。
◇靴で登園させて下さい。スリッパやぞうりでの登園は止めましょう。
◇毎週水曜日は体育着での登園となります。
 

◇通園かばん(型は自由ですが、開閉が簡単なもの) 
◇水筒  ◇おたより帳・連絡帳 ◇フェイスタオル2枚
◇着替え(0~2歳児→3組~4組、3~4歳児・・・2組以上)
◇午睡時に体を掛けるもの→タオルケット(冬は毛布)敷物 ※布団セットは金曜日に持たせます。
◇汚れ物入れの袋は忘れずに毎日持たせるか、Uパックをまとめて園に預けるかしてください。
◇すべての所持品には、ひらがなで大きくはっきりと名前を書いてください。

 
◇毎月、身長体重測定を行い、お子様の発育を記録いたします。
(0~2歳毎月1日・3~4歳2日)
◇毎日食後の歯みがきをします。(月1回歯ブラシを交換します)
※全クラス、フッ素洗口を実施します(保護者同意の上)
◇内科検診を毎年2回、歯科検診、貧血、ぎょう虫、尿の検査を毎年1回行います。
◇絶えず、健康状態に細心の注意をはらい、体調の変化・異常に気付かれましたら、早めの治療をお願いいたします。
◇入園1週間ほどは、環境の変化でお子様が気疲れしないように午前中保育(慣らし保育)とさせて頂きます。
◇濡れたり、汚れたりした衣服は、こまめに取り替えますので特に0歳時、1歳児は衣服やパンツを多めに持たせてください。
◇爪が伸びていないかどうかや、頭髪のチェック等はご家庭でもこまめにお願いいたします。
◇毎日、家を出る前に、その日のお子様の健康状態をよく観察してください。また、昨晩調子が悪かったことがあれば口頭で連絡してください。
◇園で、発熱(38℃以上)またはそのほかの病的症状があった場合は保護者に連絡をとり、お迎えにいらして頂きます。
◇原則として薬の持参は認めませんが、やむ得ない場合は1回のみとし、その場合は必ず与薬依頼書を提出してください。
◇食べ物や薬品等でかゆみを訴えたり、かぶれたりの反応を起こしやすいアレルギー体質のお子様の場合はその旨ご連絡ください。
◇法定伝染病のほかに下記の疾病は、伝染性の疾病となってしまいますので、登園を控えてください。
 

◇病気にかかった場合は専門医にみせ、集団生活にさしさわりないといわれるまでに休園させ、家庭療養をさせて下さい。
◇下記のような疑いのある病気は必ず専門医の治療を受けましょう。
◇伝染性の疾病にかかった場合、症状が軽くなっても完全に治癒しないうちは感染源となりますので、登園の可否は医師の診断を受け、完治証明書をもらってください。
◇くすり持参の場合、必ず与薬依頼書で依頼してください。

 

園での集団生活をする上で、次のような良い習慣をつけるようご家庭でもご協力下さい。

・食事の前には必ず手を洗うこと。
・食前、食後のあいさつ「いただきます」「ごちそうさま」
 を忘れない。
・おはし、スプーンの持ち方はご家庭でもご指導ください。
・口に食べ物を入れたままでお話ししない。また、食べながら歩かない。
・決まった時間で食べ終わるように習慣づけましょう。
・用便は、できるだけ朝の内に済ませて登園しましょう。
・用便は、一人でできるようにしましょう。また、用便後は必ず手を洗いましょう。
 
・衣服はできるだけ、一人で脱いだり、着たりできるようにする。
・脱いだ自分の衣服は自分でそろえるなどの始末をする。
 
・遊んだ後の遊具はきちんと整理する。
・靴は所定の場所にきちんと置く。
 

・登園、降園の際には「おはようございます」「さよなら」のあいさつを元気よくする。
・「ありがとう」「ごめんなさい」と素直に言えるようにする。
・返事は元気よくはっきりと。
・お友だちとなかよくする。
・物を大切にする。
・早寝、早起きをする。
 
◇毎週月曜:衛生検査(つめなどの検査)
◇毎週土曜:寝具の洗濯、日光浴(各家庭に持ち帰って実施)
◇毎月の月末:お誕生会
◇毎月第2火曜:避難訓練(火災・地震・防犯)
◇毎月1日・2:身体測定
 

現在、心愛保育園では、止むえない場合に限り、保護者の方々に代わって保育士が与薬をしていますが、慎重に対応していくために、下記の事項について、趣旨をご理解のうえご協力をお願い致します。

[ やむなく、保育所に与薬を依頼する場合の注意事項 ]
1. 保護者からの「与薬依頼書」に基づき対応します。
2. 受信時に、何の薬かを確認しましょう。
3. 医師の指示にあった薬、1回分のみを対応します。従って、保護者の判断のみで与薬させている薬については、保育所としては取り扱えません。薬は、1回分に分けて持参してください。
4. 「与薬依頼書」には、病名又は、症状等や与薬方法などを忘れずに記入してください
5. 薬の容器や袋にも氏名を記入してください。
6. 「与薬依頼書」と薬を一緒にして、必ず保育士に手渡して下さい。
7. 初回与薬は、必ず保護者でお願いします。
※外用薬、その他の薬については、その都度ご相談ください。
与薬依頼書はこちらから
 
 

◇◆◇提携する医療機関◇◆◇
<健康診断・健康相談>
内科嘱託医 いけむら小児科クリニック 池村 幸
所 在 地 沖縄県宮古島市平良字西里978-2
電 話 73-4970

<歯科検診・歯科相談>
真喜屋歯科
所 在 地 沖縄県宮古島市平良字西里505-2
電 話 73-3227

 
 
宮古島 心愛保育園ブログ
お問い合わせ|心愛保育園
苦情処理について|心愛保育園
事業報告について|心愛保育園
個人情報取扱について|心愛保育園
むすびの会について|心愛保育園
 
 
ページの上へ
宮古島 保育園|心愛保育園
社会福祉法人むすびの会 心愛保育園
〒906-0012 沖縄県宮古島市平良字西里1087-1 TEL0980-73-4136
copyright c 2012 心愛保育園 All rights reserved.